シミと戦う美白ケアで老化防止!

シミにはいろんな種類があって、美白化粧品を使用しても効果がないシミもあるんです。 内側からは、老化防止&たるみ改善にもなるビタミンCがおすすめ! このサイトでは、様々な「美白ケア」方法についてお伝えしています。

騙されてはいけない!本物の美白化粧品とは?

パッケージがなんとなく白っぽかったり、「ホワイト○○」というような商品名だったり、といった見た目から、全部美白化粧品のように認識していないでしょうか?

美白化粧品とは?

美白化粧品とは、美白成分がきちんと配合されているものをさします。
ただ雰囲気だけで選んでいると、美白成分が入っていないこともあるので、よく確認してから購入しましょう。

美白成分とは?

紫外線にあたると、肌の中でメラニンを作るように指令がでます。
そこでメラニン色素がつくられ始めるのですが、このメラニン色素を製造するプロセスを、どこかの段階で抑えるのが美白成分の働きです。
ただし同じ美白成分とはいえ、成分によって働きかけるタイミングが異なります。

美白というと、肌全体を真っ白にしてくれるものと思いがちですがそうではありません。

メラニンの生成を抑えるのが美白成分の働きなので、ニキビ跡の赤みなど、メラニン色素によるものでない色は白くすることができません。
ただし、ビタミンC誘導体は、ニキビ跡の赤みに有効です。

紫外線によるシミのできる流れ

①メラニンをつくる指令が出される

紫外線が表皮細胞にあたると、肌の内部を守ろうとして表皮細胞から「エンドセリン」などの情報伝達物質が分泌されます。
これらの物質がシミの元となるメラノサイトに「メラニンを作るように」と指示を出します。

★指令物質を抑制する美白成分が必要

メラニン色素を作る指令を与えているエンドセリンなど情報伝達物質の働きを邪魔する美白成分。
・カモミラET
・トラネキサム酸
・t-AMCHA

②メラニンがつくられ始める

エンドセリンなどの情報伝達物質がメラノサイトに届くと、メラノサイトの中でメラニン色素が作られ始める。
はじめにつくられるのが「チロシン」というアミノ酸です。
次に、メラノサイトにのみ存在する「チロシナーゼ」という酸化酵素が働いて、すぐにメラニン色素へと変化してしまいます。

★チロシナーゼの働きを抑える美白成分が必要

メラニン色素に変換してしまうチロシナーゼの働きを抑える。
美白成分のほとんどはこれに該当する。
・アルブチン
・コウジ酸
・エラグ酸
・ルシノール
・ビタミンC誘導体
・プラセンタエキス
・トラネキサム酸
・油溶性甘草エキス

★チロシナーゼを減らす美白成分が必要

メラニン色素に変換してしまうチロシナーゼ自体を減らすように働く美白成分。
・リノール酸

③表皮細胞へ送り込まれる

メラノサイトでつくられたメラニン色素は、表皮細胞へと徐々に受け渡されていき、ターンオーバーとともに隠そうへと上がっていく。

   

 - 未分類