シミと戦う美白ケアで老化防止!

シミにはいろんな種類があって、美白化粧品を使用しても効果がないシミもあるんです。 内側からは、老化防止&たるみ改善にもなるビタミンCがおすすめ! このサイトでは、様々な「美白ケア」方法についてお伝えしています。

正しい美白ケア方法

「夏になったら美白化粧品を使い始めよう」
「日焼けしたから美白化粧品を使おう」

これではシミのお手入れとしては不十分です。

多かれ少なかれ紫外線は日々浴びているので、肌内部のメラニンは季節を問わず活動しています。
それなのに美白ケアをほとんどしないとなると、メラニンの活動をたまにしか抑えていないことになります。
できてしまったシミをなんとかするのは、時間も手間も相当かかります。
美白ケアの基本はシミをつくらないという「予防」です。

美白化粧品には、化粧水から美容液、乳液、クリーム、マスクなど、さまざまなアイテムがあります。

選ぶ上で大切なことは、毎日行える、取り入れやすいアイテムを選ぶことです。

美白マスク(パック)などは、ときどきしか使わないのであれば、あまり意味がありません。
美白美容液などを毎日使いつつ、マスクも定期的に併用するとよいでしょう。

美白化粧品は、一年中使い続けられそうな使用感のよいもので、自分にとって無理のない価格の商品を選びましょう。
毎日使い続けることが大事です。

パウダーファンデはシミ予防効果あり

日焼け止め化粧品を塗った後、パウダーファンデーションを重ねるとより効果的です。
パウダーファンデーションは、UVカット効果がうたわれていなくても、すべて紫外線防止効果をもっています。
ファンデーションの粉体は、紫外線錯乱剤とにたようなものなので、紫外線を跳ね返す力があります。

日焼け止め化粧品だけに頼ってファンデーションを塗らずにいると、どうしてもシミができやすくなってしまいます。

・日焼け止めは塗りムラができてもわかりにくい
・日焼け止めが薄くてもバウダーファンデーションでカバーできる
・日焼け止めはくずれてしまってもわかりにくい

しっかりシミを防ぐためにも、日焼け止め化粧品+パウダーファンデーションの重ね使いがマストです。

ピーリングでメラニンを排出する

美白ケアにピーリングをプラスすると、より効果が高まります。
なぜなら、通常の美白化粧品がメラニン色素をつくるプロセスに働きかけるのに対し、ピーリングは、できてしまったメラニン色素がスムーズに排出できるよう手助けするものだからです。
できてしまったメラニン色素は通常、ターンオーバーのサイクルにのって排出されていきます。
これを助けることは少し違う角度からのアプローチになるので、美白化粧品だけでは緩和されないシミにも試す価値があります。

ターンオーバーは加齢とともに遅くなり、メラニンが排出できなくなります。
そこでピーリングを行うと、ターンオーバーを早める効果によって、メラニン色素を排出するスピードがアップすることになります。

そのほかにも、ピーリングをする余分な古い角質が取れるので、美白成分の浸透が高くなるという効果もあります。
とくに、ボディにできたシミは取れにくいので、ピーリングがおすすめです。

   

 - 未分類