シミと戦う美白ケアで老化防止!

シミにはいろんな種類があって、美白化粧品を使用しても効果がないシミもあるんです。 内側からは、老化防止&たるみ改善にもなるビタミンCがおすすめ! このサイトでは、様々な「美白ケア」方法についてお伝えしています。

ビタミンCの美肌効果

シミ予防には、ビタミンCが有効です。
ビタミンCはメラニンの沈着を抑え、できたメラニン色素を還元してシミを薄くする作用もあり、「美白ビタミン」とも呼ばれています。
とくに紫外線を多く浴びる3月ごろからは、積極的な補給をしましょう。
ただ、ビタミンCは体内に蓄えておけません。
とりだめができないので、1日数回にわけて摂取する必要があります。
また新陳代謝を促し、シミを排出させる作用のあるビタミンアも有効です。
ビタミンアは体内に蓄えておける性質があるので、多少のとりだめが可能です。

ビタミンCの美肌効果

・美白効果
チロシナーゼの抑制と黒色メラニンの還元作用

・肌の弾力アップ
コラーゲンの合成を助け、顔のたるみ改善にもつながります

・ニキビ改善
皮脂分泌を正常化

・老化防止
活性酸素を除去

ビタミンCは、肌に塗って効果が得られるほか、経口摂取することで体内からの効果も期待できます。
点滴やのみ薬などで高濃度のビタミンCを摂取した場合の薬理作用も高く、抗ウイルス、抗細菌、抗ガン、抗アレルギー、免疫改善、デトックスなどのさまざまな効果が期待できます。

ビタミンCサプリメントを選ぶポイント

ビタミンCは水溶性であり、代謝がとても早いため、体内に溜め込むことができません。
そのため、こまめに摂る必要があります。
それが難しい場合、持続型、タイムリリース型といった、少しづつ溶けて体内に貯蓄しやすいタイプを選びましょう。
また、ビタミンCは酸化しやすいため、還元作用のあるビタミンEと一緒に飲みましょう。
ただし、ビタミンEは油溶性で体内に留まるため、1日の摂取量を守りましょう。

シミのケアはいつから始めるべき?

ターンオーバーが遅くなるとメラニンの排出も遅くなるということを考えると、20歳を過ぎたころから自分の肌質を見て、お手入れを始めましょう。
そもそも美白化粧品とは、シミができるのを防ぐのが目的です。
UVケアとともに、できてからではなくできる前から、将来の美肌への投資と考えて早めにスタートしましょう。

メラニンが顔全体に広がると「くすみ」になる

メラニンが、特定の1カ所にだけ蓄積せず、肌全体に散らばって沈着すると、シミではなく、くすみが発生します。
ターンオーバーの乱れで古い角質が残っていたり、血流の低下などもくすみの原因になりますが、まず8割は紫外線によるメラニンの影響です。
美白化粧品を使うと肌がトーンアップするのはそのためです。

   

 - 未分類