シミと戦う美白ケアで老化防止!

シミにはいろんな種類があって、美白化粧品を使用しても効果がないシミもあるんです。 内側からは、老化防止&たるみ改善にもなるビタミンCがおすすめ! このサイトでは、様々な「美白ケア」方法についてお伝えしています。

効果的な美白化粧品の選び方

美白化粧品の選び方

美白化粧品には、医薬部外品指定の成分が含まれているものと、そうでないものがあります。
医薬部外品とは、医薬品と化粧品の中間に位置するもので、なんらかの肌への効果が認められているものとして、厚生労働省が認可した成分を化粧品に使用した場合に表示できるものです。
必ずしも医薬部外品の方が効くというわけではありませんが、自分で選ぶ自信のない人は、医薬部外品から選ぶと良いでしょう。

また、人によって成分との相性があり、効果の出方は人それぞれです。
そのため、自分の肌で試して確認していくしか方法がありません。

どの成分がとくに効いて、刺激が強い成分がどれなどとは一概にはいえません。

ですが強いて言うならば、ビタミンC誘導体やカモミラETなどの抗炎症効果のある成分がおすすめです。
かぶれにくく、アンチエイジング効果、顔のたるみ改善も同時に期待できるためです。

美白成分の種類

厚生労働省が認めているもの(医薬部外品)

・ビタミンC誘導体

リン酸型ビタミンCなど、ビタミンCを肌に吸収しやすい形に変えたものです。
抗酸化作用もあり、アンチエイジングやニキビの炎症を抑えるのにも役に立ちます。

・アルブチン

もともとは苔桃から抽出された成分です。
濃度が高いと肌に刺激になることがあります。

・コウジ酸

みそやしょうゆなど、麺菌由来の成分です。

・エラグ酸

いちご由来の成分です。

・ルシノール

北欧のもみの木に含まれる成分をヒントにしてつくられた成分です。

・リノール酸

サフラワー油などの植物油から抽出されます。

・カモミラET

ハーブのカモミールに含まれる成分です。
抗炎症作用も併せ持っています。

・トラネキサム酸

もともとは抗炎症剤として使われていたトラネキサム酸を美白成分として開発されたものです。

・4MSK

慢性的なターンオーバーの不調に着目して研究開発された成分です。

・マグノリグナン

植物に含まれる天然化合物をモデルにしてつくられた成分です。

・プラセンタエキス

豚の胎盤から抽出されて成分です。

・油溶性甘草エキス

甘草という漢方薬から抽出した成分です。消炎作用もあるので、かぶれにくく、肌の弱い人でも比較的使いやすいと思います。

   

 - 未分類